ハイプナイトの副作用リスクは高い?正しい飲み方がカギ

ハイプナイトは通販で購入できるルネスタジェネリックの一つ。
処方クラスの睡眠薬ですが、海外製であるため個人輸入サイトを利用して手に入れる事ができます。
病院で処方される薬とは違い、自己判断での購入となるため、使用には充分注意しなくてはなりません。
医薬品には副作用はつきものですので、ハイプナイトを服用するなら効果だけに目を向けるのではなく、それに伴う副作用や、正しい服用方法を自分で把握しておく必要があるでしょう。
今回はハイプナイトの副作用や飲み方についてご紹介していきます。

現代の睡眠薬は副作用リスクが低い?ハイプナイトはどう?

ハイプナイトは安全?

睡眠薬と聞くと、何となく危ないというイメージを持つ人もいるでしょう。
たしかに一昔前の睡眠薬は、適正量と致死量の調整が医師ですら難しく、なかには副作用で死亡するケースも。
睡眠薬は分類分けがされていて、一昔前に使われていた危険な睡眠薬はバルビツール酸系といって、現在ではほとんど使用されていません。

しかし現在使われている睡眠薬は安全面において改良されています。

睡眠薬の分類を見てみましょう

薬の強さ 薬名
バルビツール酸 強い ラボナール など
ベンゾジアゼピン 少し強い ハルシオン、レンドルミン
非ベンゾジアゼピン 普通 ハイプナイト(ルネスタ)など
オレキシン受容体拮抗薬 やや弱い ロゼレム など
メラトニン受容体作動体 弱い ベルソムラ など

現在主流になっている睡眠薬はベンゾジアゼピン、非ベンゾジアゼピンの薬剤です。

リスクが高いバルビツール酸を改良して作られたのがベンゾジアゼピン。
薬の副作用で命を脅かす危険性は無くなりましたが、筋弛緩作用によって転倒やふらつきの副作用がたびたび起きていました。
そこでベンゾジアゼピンをさらに安全にした非ベンゾジアゼピンが登場。
筋弛緩作用を軽減し、ふらつきの副作用の抑制に成功しました。

非ベンゾジアゼピン系であるハイプロンは、睡眠効果を保ちつつ、安全面も高い睡眠薬となっています。

また最近では依存や副作用リスクがさらに低くなった睡眠薬も登場。オレキシン受容体拮抗薬、メラトニン受容体作動体に分類される薬はさらに安全に服用できますが、睡眠作用としてはベンゾ、非ベンゾに比べ弱めです。

ハイプナイトの気になる副作用「味覚障害」「健忘」について

ハイプナイトの副作用

ハイプナイトに副作用は無いのかと言われたら、そうではありません。

ハイプナイトの副作用に挙げられるのが、薬の苦みによる味覚障害や、服用後の記憶を無くしてしまう健忘があります。

味覚障害は有効成分が体内で吸収されるにしたがって起こります。
程度は人により個人差がありますが、「少し苦い感じがする」という人から「苦くて食事の味に影響してしまう」という人まで様々です。

またハイプナイトを服用後、行動の記憶が無い健忘の副作用が懸念されます。

「起きたら覚えのない発信履歴があった」
「カップラーメンを食べた形跡があった」

など、目覚めてから行動の形跡を見つけ、驚いてしまいます。

ハイプナイトは薬の効き目が早く、それによって脳が中途半端な覚醒状態を起こし、記憶を無くしてしまうのです。

人によっては翌日の眠気やふらつきも!

基本的にハイプナイトはキレが良く、翌朝もスッキリ起きられ、筋弛緩作用も軽減されているためふらつきの危険性も低いです。
しかし薬の合う合わないは個人差もあるため、人によっては翌日まで眠気を引きづったり、ふらついたりする場合も考えられます。

ハイプナイトの服用方法とは?用法用量は守ること

ハイプナイトの飲み方

ハイプナイトは安全性が高い薬ではありますが、間違えた飲み方によっては、副作用の増強や依存リスクを高める結果となってしまいます。

用法用量は以下を参考にしましょう。

用量 1回1錠(1mg~3mg)
服用タイミング 就寝前

ハイプナイトは就寝前に1回1錠(1mg~3mg)を水またはぬるま湯で服用します。
初めて飲む場合は1mgから飲み始め、効果の具合を確認しながら適宜調整していきましょう。
1回の服用で2回分を決して飲まないでください。

服用後は速やかに布団に入りましょう

服用してから30分~1時間程で眠気が出始めるため、薬を飲んだら運転や高い所での作業、火や刃物を使う料理などは行なわないようにしてください。
また、健忘による記憶喪失にも注意が必要であるため、服用後はすぐ布団に入るようにしましょう。

過剰摂取や長期服用は依存に繋がります

ハイプナイトの用法を守らず、過剰摂取を行なえば副作用の増強とともに、薬の依存に繋がります。
長期服用も同様です。
身体が薬に慣れてしまい、どんどん強い薬を求めるようになってしまいます。
ハイプナイトは睡眠サポートが目的であり、不眠症の根本を治療するものではありません。
不眠症を改善する一つの手段だと捉え、賢く使っていきましょう。